白髪染め かぶれ 症状

もし白髪染めでかぶれてしまったら・・・

白髪染めを使っていたら頭皮や顔がかぶれてしまった!

白髪染めのかぶれ(接触皮膚炎)による症状は様々です。

染料かぶれの症状

「赤くなる」「ちくちくする」程度のものから、「出血が止まらなくなる」等の重い症状のものまであります。

 

かぶれの症状が出る場所

頭皮はもちろんの事、毛染め液のつきやすい顔周辺(額、うなじ)、耳の後ろ、首にも症状がよく出ます。 顔全体が腫れたりする事もあります。

 

頭部湿疹の場合、毛染めが原因のかぶれではないケースも

毛染め剤のせいではなく、アルコールを多く飲む人(特に中年以上)や、カビの感染によって起こる湿疹もあります。

 

白髪染めを使ってすぐに症状が出る場合は、ほぼ間違いなく毛染め液が原因と考えられますが、一番良いのは皮膚科を受診し、パッチテストでかぶれの原因を調べる事です。

 

尚、毛染めは必ず「毎回パッチテスト」を行なってから使用する事をおすすめします。

 

染める際は、手についた染毛液が身体のあちこちにつかないよう、細心の注意をしましょう。

かぶれの原因が白髪染めの場合

市販のヘアカラー、白髪染めの多くに含まれているパラフェニレンジアミン(PPDA)、パラトルエンジアミン(PTDA)などのジアミン系薬剤やパラアミノフェノールがかぶれの原因となる事がほとんどです。ジアミン系薬剤が原因でアレルギー反応が一度出てしまうと、治る事はありません。

 

原因物質に対する抗体ができてしまい、さらに白髪染めを使い続ける事で抗体が強くなり、症状がさらに悪化していきます。

 

ジアミン系薬剤やパラアミノフェノールは、綺麗に髪を染められるなど優秀な部分を持つ化学物質で、非常に多くの製品に使用されています。しかし、命を落とす可能性のあるショック症状や、治療が困難な造血障害、内臓障害などの副作用もあります。かぶれがなくとも、極力使用しない方が良い商品です。

かぶれた後は、しばらくは何もしない

刺激の弱い白髪染めなどもありますが、かぶれてしまった時は頭皮や髪に刺激を与えず、良くなるまで何もしないようにしましょう。

小さなお子様がいらっしゃる方は注意を

毛染め中、もしくは毛染めの後に小さな子供を抱っこしたり、子供が親の髪や顔を触ることで、子供がかぶれやアレルギー反応を起こす事があります。

 

毛染めによる影響は親よりも強く出ますので、小さなお子様がいらっしゃる場合は、白髪染めやヘアカラーの使用は極力使用を避けて下さい。

【一度でもかぶれた事のある方】や【小さなお子様のいる方】におすすめの白髪染め

 

天然成分配合染料のご使用をおすすめします。

 

売れている!素手で使える天然成分配合の白髪染め

 

LpLpルプルプ

「低刺激なのにしっかり美しく染まる」と人気急上昇中!


もし白髪染めでかぶれてしまったら・・・

雑誌「美st」「eclat(エクラ)」などで話題の優しい白髪染め

  • 商品名:LpLpルプルプ
  • 内容量:200g
  • 価格:3,240円 初回限定1,980円(税込)
  • 1回あたりの価格:約200円
  • 香り:アロマの香り
  • カラー:ナチュラルブラック、ダークブラウン、ブラウン
ここがポイント
保水・保湿力の高い「ガゴメ昆布」のトリートメント白髪染め。使えば使うほど髪が艶々になる、と美髪効果も期待できます。他のヘアカラートリートメントと比較して「染まりやすい」と評判!

最初にルプルプを使う時(髪が染まるまで)
髪に色がつくまで、使い始めは2日〜3日連続して使う事をおすすめします。その後は1週間に1度のペースで使用していきます。(髪質などにより異なる場合もあります。)

ルプルプを使った人の感想
肌が痒くなるので白髪染めからヘアカラートリートメントに替えました。ヘアカラートリートメントは数種類使用したことがありますがルプルプは1番染まりやすいですね。白髪染めを使ったあとの髪のゴワゴワが全くなくて、手触りがツルツルしっとりで気持ちが良いです。
白髪染めを使うと頭皮がヒリヒリするし、ヘナだと色落ち、臭いがすごいし困っていました。ルプルプは「美ST」に載っていたので購入してみましたが、刺激がなくてラベンダーの香りに癒されます!白髪染めタイムが楽しくなりそうです。
つむじや生え際の白髪が気になった時にちょこっと使えるのが嬉しいです。刺激がないのにしっかり色がつき、2週間程持つのでとても楽です。

▼▼ 公式ページはこちら ▼▼

もし白髪染めでかぶれてしまったら・・・

初回限定 39%オフ!安心の全額返金保証付

 

 

 

白髪染めトラブルについてもっと詳しくチェックできます!

↓ ↓ ↓ ↓

 

かぶれにくい、肌にやさしい白髪染めのまとめ情報はこちらから >>